家族

東邦ハウジングはライフスタイルに合わせて高品質な住宅を提案

  1. Home
  2. 組み換え自由

組み換え自由

インテリア

小さいけれど広い

中核市として栄える豊橋周辺の敷地面積は、商業地に近い立地では狭小地であるケースもあり、コンパクト住宅を計画する建主も増えています。新築は核家族化しているパターンからも、小さな家が主流ともなっています。豊橋エリアでは、コンパクト新築にも開放感が生まれる木造ラーメン構造が用いられるようになりました。木材も強度が高く、金物との組み方で百年以上の耐久性でも選ばれています。一般的に取り入れられる木造軸組構法は、間仕切り壁が耐力壁となっているため、取り外しに難色が示されています。その点を踏まえても、現在・数年後・十数年など、スケルトンとインフィルを分けて永く住める家がつくれる魅力が、親子世帯からも評価されています。

様々にレイアウト

豊橋の中心地では住空間を自由に変えられるように、新築プランには住み替えない工夫やアイデアが盛り込まれています。豊橋エリアの不動産情報として、夫婦と子供2人世帯数が比較的多く、親子のコミュニケーションに3LDKプランが提案されています。子供の独立を機に1LDKに切り替えられるのもポイントです。夫婦2人になることで、主寝室を広くとることは一般的な新築のプランニングです。趣味などのためのホールをプラスさせたり、リビングを独立させることで来客の宿泊に対応したプランにも変更可能です。こうした内容は、夫婦中心の暮らしに変更できるライフスタイルの変化と同時に、ワンルーム、個室、間仕切りが取っ払える構造による利点でもあります。